Urbain Autopsy

Inonu

18,00

n trouv

Limited and numbered to 500 copies.

Markers corresponding roughly to the scenes of each Act, have been integrated in this Cd version to facilitate a selective listening in each of the 4 long titles and allow radios to select a part




“INONU” by URBAIN AUTOPSY|2枚組CDアルバム|イラスト:Enki Bilal|参考:ROTOR0079 CD

Inonuは、インダストリアルバンドUrbain Autopsyの創設メンバー3人による最後のコラボレーションで、オリジナルは1988年に、今は亡きTears CompilationsレーベルからC40テープ2本、ブックレット、リーフレットを含むボックスでリリースされました。

Inonuはコンセプトアルバムで、4幕構成、シーンごとに分かれており、ストーリー仕立てになっているため、各シーンの間にデッドタイムはない。人生のように、作品は互いに続いていく。Inonuには始まりと終わりがある。まるで本の一章だけを読むように、あるいは演劇の一場面だけを見るように、ある部分を聴いて、他の部分を無視することはできないのです。このグループの中で最も完成度の高いプロジェクトである。

イノヌは架空の全体主義国家の歴史の一片を語っているが、それは旧東側諸国を思い起こさせるかもしれない。なお、『イノヌ』は共産圏が崩壊する1年前に出版された……。また、アーバン・オートプシーの建築、構成主義アート、インダストリアル・ミュージックを比較し、その浸透性に気づくことができる。名前は百科事典から適当に選んだ。彼らの現実は、『イノヌ』で語られるフィクションとは全く関係がない。

始まる物語はこうだ…。
ACT1:独裁者が支配する国の物語で、「鉄の拳」と「虐げられた民衆」というテーマが繰り返される。
ACT 2: 2人の革命家が連合を結成し、独裁者を排除して国の再建に乗り出す。
第3幕 二人の革命家のうち、より権力を欲した一人が、友人を排除し、力づくで国を支配する。
ACT 4: 「自分の尾を噛む蛇」という言葉が再び使われ、時が経つにつれ、彼は以前と同じ問題を抱えた新しい独裁者になっていく。

想像と事実がぶつかり合う「OUR PRESENT」。この音楽的コンセプトは、このダブルアルバムのミュージシャン、イラストレーター、編集者の間で未来的なコラボレーションを生み出している。

1989年のベルリンの壁の崩壊、1991年のソビエト連邦の崩壊、1990年代のバルカン戦争、これらによって国家が無数のミクロ国家に変化し、しばしば権威主義の台頭を意味するようになる1年前の1988年に、グループUrbain Autopsyが架空の現実を構想したときの先見性はいかばかりであっただろう。では、今日、この2022年に、ヨーロッパの2つの国の間のこの理解しがたい、あるいはプログラムされた戦争(それぞれが選択する)、そこにビジョンを見ることができるでしょうか。第三幕の副題「恫喝」を見てください。

エンキ・ビラルは、進歩主義と権威主義の間の未来社会を扱った献身的なコミックストリップを通じて、なんという先見性を持っていたことか。特に、アルバム『INONU』のフロントカバーを構成し、もともとはアムネスティ・インターナショナルに向けたものだった1994年の肖像は、敬意を込めて強調しなければならないだろう。

ロトーリエフは、バンドのサウンドと情景的なコンセプト、そしてエンキ・ビラルの現実と虚構を明らかに結びつける、なんと先見性のある大胆なルックスを持っていたことだろう。

パンデミックとカオスの数年前、2つのテーマが浮かび上がった:マスクされた顔、口止めされた言葉。

結論として、歴史は常に繰り返されるのだろうか?
イノヌは、過去、現在…そして今…これから起こる現実の出来事を反映させたかっただけなのだろうか?誰もが判断することだろう。