LA DIVISION TECHNIQUE

Traversant Les Cités Liquides

13,00

n trouv

SAND 50th ANNIVERSARY 1969-2019
REISSUE OF GOLEM ALBUM CD
SPECIAL PACKAGING

Helicopter by Sand from Golem Album
Golem by SAND




在庫あり

Traversant Les Cités Liquides
LA DIVISION TECHNIQUE
限定番号入りデラックス・エディション
ROTOR0083 CD

絶望的な大陸と自由落下する人間世界を横断する旅
– サイケデリックなエレクトロニック・ミュージックと、アンビエントなインダストリアルな波の上に墜落する、泣きのアルペジオを思わせる拷問のようなメロディーの間。時折、男性か女性の声も…。
フランスのオカルト・エレクトロニック!?

1 – Gelée grise (1 :52)
険しい下り坂、ナノボットの侵略の後
ナノボット

2 – D’un vif argent (2 :40)
シーケンスされたエレクトロニック・テーマ。
漠然としたダンス曲の…

3 – Ceux de la brume (05 :15)
エレクトロニック・ブルース。
モリコーネの影響を受けたエレクトロニック・ブルース。
クリスタ・ペフゲンにインスパイアされた詩人、オルテガ。

4 – Traversant les cités liquides (7 :00)
壮大なアンビエント・インダストリアル詩。
イアン・カーティスへのオマージュ。

5 – Le grand nocturne (3 :21)
オスティナートの波。
オスティナートの波が滅びの大陸を洗う
大陸、絶望的な人類の故郷。

6 – Cercles intérieurs (3 :01)
アンビエントな波に運ばれる、いくつかの泣きのアルペジオ。

7 – Chaleur blanche, rouge pluie (9 :23)
元々はヴェルヴェット・アンダーグラウンドの “The Gift “を想起させる。
サイケデリックな、ほとんどクラウトロック的な色彩が、エレクトロニックなゲリラ戦を背景にしている。

8 – George’s cinematic landscape (5 :21)
ジョルジュ・ドルリューのドラマトゥルギーに近い。
「Camille et sa tristesse infinie」(カミーユと彼女の無限の悲しみ)は、コッポラやセルジオ・レオーネを彷彿とさせる映画的ファンタジーを背景にしている。
セルジオ・レオーネ